無料ブログはココログ

チェコ/プラハ旅行と展覧会

2014年1月15日 (水)

チェコ 楽しかったです

チェコ プラハとても楽しかったです。 

本当にありがとうございました。30_13
       夕焼けのブルタヴァ河 遠くに見えるのがプラハ城です

チェコ土産

チェコ プラハでお土産にクリスマスのオーナメントを買いました。

Photoガラスで出来た猫ちゃんと

青いコートの女の子Photo_6

     Img_0120 雪の結晶のリボンは

お花屋さんで買いました。

どれも繊細で可愛いです。 

見ていると きれいだったチェコの

クリスマスのマーケットを思い出します。

プラハの建築めぐり

旅行に行くと

ゆっくり見る物の1つに建築があります。

30_8

私が好きなのはやはり植物をモチーフにした

アールヌーボー様式ですが、

ロマネスク様式や尖塔と薔薇窓ステンドグラスの

ゴシック様式 などなど どれも美しく 、

建築について詳しく知らなくても

これらの建物と暮らしていた当時の人達や

今も暮らす人たちを想像したりします。

美しい曲線を描く鉄の門に絡まった植物を見るのも

とても楽しいものです。

チェコも様々な建築様式を見る事が出来ます。

 

    (アールヌーボーの装飾が美しい市民会館 )

30_11
↓こちらはルネッサンス様式。

 スグラフィートと呼ばれる装飾が施されています。

30_12

「スグラフィート」というのは

重ね彫り、ひっかいて作っている模様の作り方で

具体的にはまず最初に土台となる色で壁を塗って

それを絵柄にそって剥がす技法だそうです。

1枚の絵を描いたものもあれば、

「だまし絵」のような物もあります。

私は最初、「スグラフィート」は

カーボンを引っ掻いたような物かと思っていましたが、

近くで見たら 固そうな石を深く深く削り込んで

美しい模様が作られていました。

30_4       職人さんはさぞかし大変だった事でしょう、、。

今回はキュピズム建築も見る事が出来ました。

キュピズム建築があるのは世界でも稀だそうです。

30_5
    こちらはダンシングハウス と呼ばれている建物です
         中はオフィスになっているそうです。

 

           クラシックな建築や 

30_opera

       モダンな建築を見学しながら街の散策をして30_6 

 美しい橋を渡るときれいな夕焼けでした。

2013年12月19日 (木)

プラハ 街あるき

旧市街広場やカレル橋、お城の前、その他の広場では

オルゴールや古楽器、バンド演奏する人も沢山います。

30_3
旧市街広場で 大きなシャボン玉を作っている人を見ました。

大きな棒と糸で ふんわりと 大きなシャボン玉を作っては

空に浮かべています。

90501            小さな子供達が嬉しそうに

         シャボン玉を追いかけたり 追いかけられたり。

          微笑ましい光景に 周りは ほのぼの。  拍手喝采

 

302
         そしてシャボン玉は ふんわり浮かんで

              中世の街を 悠々と 流れていきます。

プラハ 街 歩き

見どころ沢山のプラハの街。

私は観光は徒歩、トラム、地下鉄を使って巡りましたが

30

それ以外の乗り物も多く見かけました。 馬車や

55
             クラシックなオープンカーや

30_2 セグウェイ

気球もあるそうです。

日常では使わない乗り物に乗って

いつもとは違う目の高さで 中世の街を巡る、というのも

  とても楽しいものだと思います。

 私は もし乗るなら、石畳の上をスイスイ走る

セグウェイに乗ってみたいなぁ、、。と思いました。

(乗りませんでしたが、、、)
 

 ちなみにセグウェイはガソリンではなく、電動式で

とてもエコ、なんだそうです。

2013年12月18日 (水)

プラハ街歩き (カフカ・カフェ)

 街歩きの途中、 あまりにも寒かったので

「ホットチョコレートでも飲もう かな、、」 と思った時、

ちょうどカフカの生家 「カフカ・カフェ」がありました。

30_4

30_3 

店内には時計が沢山あって

30_kafukakafe

タイプライターや カフカの写真等で飾られています。

40
  このカフェで飲んだ ホットチョコレートが とても美味しかったです。

外は風がつめたいけれど お店の中には暖かく、

窓からは冬の美しい日差しが差し込んで

カフカの作品、「変身」や「城」を思い出しながら

しばらくゆっくり過ごしました。

ドールアート展 (3日目 最終日)

(12月1日)

今回の展覧会「ドールプラハ」の開催期間は3日で

今日は最終日です。

この3日間の間に 毎日 沢山の人達が訪れ、

回もとても有意義で楽しい時間を過ごせました。

30       展示もとても素晴らしかったです。

 

   30_2

      私の布花も飾らせて頂けた事に 本当に感謝しています。

                  ありがとうございました。

また、今回、会場やイブニングパーティーで

「以前、お見かけしたような、、、」と思った方々が実際、

キエフでお会いした方だったり、

サンクトペテルブルグでお会いした方だったり、

の、思いがけず 感動の再会もありました。

 お互い、言葉は通じなくても 物を作る、という気持ちが伝わるのか

写真を撮り合ったり、握手をしたり、嬉しい時間でした。

またどこかできっと お会い出来るかなと思うと

ワクワク、とても楽しみです。

30_5今回の展覧会、「ドールプラハ」も

とても楽しく、勉強になりました。

 

心よりお礼申し上げます。

ありがとうございました。

2013年12月16日 (月)

プラハのクリスマスマーケット

展覧会中に12月になり クリスマスマーケットが始まりました。

今日は点灯式で 旧市街広場は沢山の人だそうです。

混雑しているので 明日以降に見に行けばよいのですが、、、。

やはり気になって、、展覧会が終わって8時過ぎ。

もう 照明も終わってるかな、、。と思いつつ、、

カレル橋を渡って 旧市街広場に見に行って来ました。

30
           大きなクリスマスツリーが輝いています!

 
30_2

キラキラした光が 空からすべり落ちてくるようです。
( しかもエコランプ!)

ヨーロッパのクリスマスマーケットは ドイツ、ウィーン、パリと訪れて

どこも素敵でしたが これ程 大きくてキラキラ輝くツリーを

初めて見ました。   感動です、、。

 30_9
ツリーの周りには

ヤギやヒツジの居るコーナーがあったり

クリスマスの飾りや、食べ物のお店が沢山 並んでいます。 

お店も可愛く飾られています。

30_10クリスマスの飾りやクッキーのお店

30_4  あちこちで薪を燃やしてお肉をグリルしていたり、

  ソーセージを炙っていたり

30_6

こちらは”トゥルデルニーク”という お菓子

30_7    
     小麦粉の生地を炭火で焼いてお砂糖やシナモンをまぶした

             人気のクリスマスのお菓子だそうです。

クリスマスマーケット中がキラキラ 光で溢れて

薪を燃やす暖かい匂いと甘いお菓子の匂いに包まれて

魔法のように美しいです。

30_8
Photo_2
          今日はクリスマスの飾りを一つ 買いました。
 

            

2013年12月15日 (日)

ドールプラハ

ドールプラハでは コンクールも開催されています。

コンクールのテーマは「チャイコフスキー」です。

チャイコフスキーの「くるみ割り人形」や

「白鳥の湖」をイメージさせるお人形たちが並んでいます。

日本の作家さんも出展されています。 

どのお人形もとてもきれいで可愛いです。

30
         審査員の方々がスコア表を持って見て回っています。
 

2013年12月10日 (火)

チェコの手芸屋さん

会場近くのスーパーへ行った帰り、

可愛いリボン屋さんがありました。

30_6
中に入ると クリスマスの柄のリボンや きれいな色の刺繍糸、

ボタンや手芸用品が沢山並んでいます。

お母さんと小さな女の子と小さな犬が来ていました。 何を作るのかな、、。

30_7
    そして お店のウィンドウには 「DOLL Prague」のポスターが貼ってありました。